行政書士過去問塾の特長

例えば、通勤電車の中やちょっとした待ち合わせの間にも行政書士過去問の学習できます。
また、途中で学習をやめてもデータは残っているので途中から行政書士過去問の学習ができます。

年度ごとに問題が分かれているので、学習したい年度を選択して学習できます。行政書士過去問は最新のものを順次試験終了後に追加します。

テストで間違えた問題は自動的に補習対象となります。テストを一通り終えたら、補習により間違えた問題だけを学習します。補習は連続して全ての問題を正解しないと再度最初から学習するシステムなので、完全に覚えることができます。

外出先では携帯で、お家ではパソコンでじっくり行政書士過去問学習をすることができます。

法改正があった行政書士過去問題については、印をつけて対応しています。

何度も間違える問題や、後で学習したい行政書士過去問をチェックすることが出来ます。

いくら行政書士過去問題に正解をしても、時間がかかっていては合格できません。行政書士過去問塾では回答までの時間を問題ごとに計測して表示します。

正解したけど・・・これは後で見直したいよ! という問題をチェックすることが出来ます。チェックした問題は後で学習することが出来ます。

テスト中に正解率を表示することにより、自分のレベルを測る事が出来ます。

問題毎にメモを書くことが出来ます。特に注意する点などを記載して、自分だけのノートを作れます。